2020年3月23日(月)
三重県亀山市布気町にて火災が発生しました。
東名阪道沿いで火災が発生したとのことで、亀山JCTから伊勢関IC間で通行止めとなっていると言います。

そこで今回は、三重県亀山市布気町にて発生した火災について注目。

火災発生当時の状況やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2020年3月23日(月)三重県亀山市布気町で起きた火災当時の状況は?

2020年3月23日(月)午後0時前でしょうか。
三重県亀山市布気町の東名阪道沿いにて火災が発生しました。

Twitterを調査してみると、火災発生現場を撮影した画像や動画が投稿されており、投稿された画像から火災発生当時の様子を確認することができました。

では、火災発生当時どのような状況であったのかみていきましょう。

Twitterに投稿された火災発生当時の様子を撮影した画像や動画を見てみて下さい。

このように火災発生現場から大量の黒煙が出ている様子を確認することができました。こんなどす黒い煙、なかなか見ないですよね…。

画像や動画でこの黒煙を見ているだけでも恐怖を感じてしまうほど…。

今回注目している火災は、東名阪自動車道のすぐ側で発生しました。
その影響で、東名阪自動車道では「亀山IC」〜「亀山JCT」間で車両が通行止めになったと言います。

Twitterには火災により通行止めとなった「亀山IC」〜「亀山JCT」間にて撮影された当時の画像が投稿されていました。
通行止めになったことで、渋滞が発生しているようです。

今回注目している火災により発生した黒煙は、東名阪自動車道にまで届き、このように黒煙が道を飲み込んでしまっています。
この状況であれば通行止めとなるのも仕方がない…。

東名阪自動車道でからも火柱が上がっている様子が確認されていました。

火災が発生したとの通報を受け、現場には消防車や救急車が駆けつけました。
しかしこの規模…。

すぐに消火活動は行われたようですが、消火活動は難航したと言います。

スポンサーリンク

2020年3月23日(月)三重県亀山市布気町で起きた火災の場所は?

今回注目している火災が発生した場所は、一体どこだったのでしょうか。

Twitterに投稿された情報をまとめてみると、東名阪自動車道のすぐ側であるということ。
タイヤなど車の資材が置かれている場所であることが明らかになっています。

また今回注目している火災は、お昼の情報番組で取り上げられていました。

「SHARP株式会社 亀山工場」にて火災が発生したようで、建物ではなく道路脇にあるタイヤなどが置かれた資材置き場から出火したようですね。

スポンサーリンク

2020年3月23日(月)三重県亀山市布気町で起きた火災の出火元と身元情報は?

 

今回注目している火災は、タイヤなど車の資材が大量に置かれた場所にて発生した火災であることが明らかになりました。

Twitterに投稿された動画を見ると、タイヤが燃えている様子が確認できます。

一体原因はなんだったのか。

原因について調査してみましたが、現時点で原因は明らかになっていません。
火器がありそうな場所ではないですが、放火でしょうか…。

火災が発生したということで、気になるのは人的被害についてです。
こちらも現時点では情報は明らかになっていません。

ですがこの火災ですし、現場には複数台の消防車が駆け付けていたようなので、逃げ遅れ火災に巻き込まれた人が居たかもしれません。
今後情報が新たに追加されないことを願います。

2020年3月23日(月)三重県亀山市布気町で起きた火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、今回注目している火災についてSNSネットの反応をみていきましょう。

Twitterにて反応を調査してみると、今回注目している火災は広範囲で黒煙が確認されており、さまざまな場所から撮影された画像が投稿されていました。

多くの人が火災の発生に驚いていたようですね。

まとめ

3月23日(月)にSHARP株式会社 亀山工場にて発生したとみられる火災について今回は気になる情報を調査していきました。

今回の火災は資材置き場で発生したようで、タイヤが燃えている様子がTwitterに投稿された画像より明らかになりました。
タイヤが燃えていたのであれば、あの黒煙の量と色は納得…。

規模が大きな火災であるため人的被害など気になりますが、現時点で未定。
火災の原因など詳細が明らかになればきちんと報道してもらいたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事