2020年2月23日(月)
新京成線「北習志野駅」~「高根木戸駅」間にて人身事故が発生したという情報が入ってきました。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。

Twitterには、人身事故発生当時についてのツイートが投稿されています。
こういった投稿から、どのような人身事故が発生したのかということを調査しまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年2月23日(月)新京成線「北習志野駅」~「高根木戸駅」間で起きた人身事故の概要は?

2月23日(月)午後5時40分頃。
新京成線「北習志野駅」~「高根木戸駅」間にて人身事故が発生しました。

では、どのような人身事故が発生したのか概要をみていきましょう。

今回注目している人身事故は、新京成線「北習志野駅」~「高根木戸駅」間にある踏切にて発生したということが分かっています。

Twitterには人身事故発生現場を撮影した動画が投稿されていました。

新京成線にて発生した人身事故ですが、どうやら飛び込みらしい…。
新京成線を走行していた電車(当該:8938F)が人身事故発生現場となった踏切に侵入するときに人が線路内に侵入したと言います。

線路内に人が侵入していることに気付いた電車の運転手は急ブレーキをかけましたが、残念ながら間に合わず接触してしまいました。
電車は急には止まれないため、接触は仕方ないでしょう…。

接触後、そのまま電車の下敷きになってしまったようです。
「真下にいる…」といった当時のリアルな投稿がツイートされていました。

人身事故が発生したとの通報を受け、現場には警察や救急隊が駆け付けました。

そしてすぐに救出作業と現場検証が行われたと言います。

Twitterには「ブルーシートで覆って踏切から出たな…」という投稿がありました。
ブルーシートで覆われていたということは、今回注目する人身事故で電車と接触し下敷きになった人は亡くなってしまったのでしょう。

生きている人をブルーシートで覆わないですよね…。

救出作業、現場検証が行われている間、新京成線では「松戸駅」~「京成津田沼駅」間の運転を一時見合わせることになりました。

人身事故発生から、約20分後に運転を再開させたと言います。

実は新京成線にて人身事故が発生したのは2日連続なのだとか。処理を行う救急隊員はもう慣れっこなのかもしれませんね…。

スポンサーリンク

2020年2月23日(月)新京成線「北習志野駅」~「高根木戸駅」間で起きた人身事故当時の現場の状況は?

人身事故発生当時、現場はどのような状況だったのでしょうか。

Twitterにて調査してみました。

ですが、今回注目している新京成線にて発生した人身事故について、発生当時の現場の様子は投稿されていないようです。

踏切にて発生したということで、目撃者が少なかったのではないでしょうか。

人身事故と言えば駅構内または踏切にて発生するケースがほとんどですが、駅構内で発生した人身事故と比べ踏切で発生した場合は目撃者が少ない傾向にあります。

スポンサーリンク

2020年2月23日(月)新京成線「北習志野駅」~「高根木戸駅」間で起きた人身事故の身元情報は?

今回注目している人身事故は、踏切にて発生したと言います。
どうやら飛び込みだった模様…。

一体どのような人が、自らの命を投げうってしまったのでしょうか。
Twitterにて身元情報などを調査してみました。
ですが、特にこれといった情報を見つけることはできませんでした。

現場検証が行われているため、身元情報は明らかになっているはず。
もしかすると翌日地元の新聞などに公表されるかもしれません。

2020年2月23日(月)新京成線「北習志野駅」~「高根木戸駅」間で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、新京成線にて発生した人身事故についてSNSネットの反応を調査しまとめていきたいと思います。

新京成線では、人身事故が多発しています。

そのためTwitterにて反応を調査してみると「またか」といった投稿がツイートされているのを確認することができました。

新京成線をよく利用する人であれば迷惑な話ですよね…。

まとめ

3月23日(月)に新京成線にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

踏切にて今回の人身事故は発生してしまったようですね…。
どのような気持ちで、自らの命を投げうったのでしょうか。

春は毎年人身事故発生件数が多いと言いますが、今年は新型コロナウイルスにより経済状況が悪化した影響で自殺者が増えていると言います。
採用取り消しとなった企業もあると聞きます。

これ以上人身事故発生が続かなければいいのですが…。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事