2020年3月26日(木)
京都市北区中川川登付近にて林野火災が発生しました。

一体どのような火災が発生したのでしょうか。

Twitterには火災発生当時に偶然現場に居合わせた、また近くに住むユーザーが投稿した現地の状況がツイートされていました。

そこで今回は一体どのような火災が発生したのかについて注目。
火災発生当時の状況やSNSネットの反応など気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2020年3月26日(木)京都市北区中川川登付近で起きた火災当時の状況は?

3月26日(木)午後1時26分頃。
京都市北区中川川登付近にて火災が発生したと言います。

Twitterを調査してみると、火災発生現場を撮影した画像や動画が投稿されており、投稿された画像から火災発生当時の様子を確認することができました。

では、火災発生当時どのような状況であったのかみていきましょう。

Twitterに投稿された火災発生当時の様子を撮影した画像を見てみると、このように山の上の方から煙が出ている様子を確認することができます。

今回注目している火災は、山火事であるとのこと。

このように山の上から煙が高々と上がっている様子を見たユーザーの中には「噴火かと思った」という方も居たようです。

Twitterには比較的近い場所から撮影された画像も投稿されていました。

火災発生現場の近くから撮影された画像を見ると、火災の規模の大きさが分かります。煙の量凄いですね…。

火災が発生したという119番通報を受け、すぐに消防隊が駆けつけました。
Twitterに投稿された目撃情報によると10台以上の消防車が駆け付けたそうです。

このように消防車が現場に駆けつける様子を撮影した動画も投稿されていました。

山火事の場合、早く消火しないとあっという間に周辺を焼き尽くしてしまい、消火活動が難航してしまいます。

そのため複数台の消防車が駆け付けたのでしょう。

スポンサーリンク

2020年3月26日(木)京都市北区中川川登付近で起きた火災の場所は?

今回注目している火災は、京都市北区中川川登付近にて発生したと言います。

グーグルマップで見ると分かるかと思いますが、なにもないところです。

このような場所で、一体どのような火災が発生したと言うのでしょうか。

スポンサーリンク

2020年3月26日(木)京都市北区中川川登付近で起きた火災の出火元と身元情報は?

 

今回注目している火災は山火事でした。
一体なぜ山火事が発生してしまったのでしょうか。

実は日本では、年間にして何件も山火事が発生しています。

山火事が発生する原因として考えられるのは、自然発火と人的な発火です。

自然発火とは雷や火山の噴火により発生したり、枯れ葉同士が風で擦れ合うことによる摩擦にて発生するもののことを言います。

火災発生当時、雷が鳴っていたという目撃情報はありません。
もちろん噴火もないようです。

枯れ葉ですが、今の時期って枯れ葉は少ないですよね…。
むしろこれから新しい葉が出てくるという時期です。

では、人的火災でしょうか。
人的火災というのは放火や野焼きなどによるものです。

現時点では火災発生の原因は明らかになっていませんが、火災発生当時の現状から推測するに、人的なことによる火災ではないのかと思います。

2020年3月26日(木)京都市北区中川川登付近で起きた火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、今回注目している山火事についてSNSネットの反応を調査し反応をまとめていきたいと思います。

Twitterにて反応を調査すると、このように火災発生当時の様子を撮影した画像が多く投稿されていました。
山火事ということで広範囲から火災の様子が確認できたようです。

多くの人が火災が発生したことについて心配しているようでした。

まとめ

3月26日(木)に京都市北区中川川登付近にて発生した山火事について今回は気になる情報をまとめていきました。

結構な規模の山火事が発生したようですね。
周辺に住む方々は不安な時間を過ごしたことでしょう。

現時点で火災が発生した原因は明らかになっていませんが、原因が明らかになれば情報を公開してほしいと思います。

翌日、地元の新聞に詳しいことが載るかもしれませんね。

現時点で被害状況は分かりませんが、人的被害がないことを願います。

スポンサーリンク
おすすめの記事