2020年4月17日(金)
京阪電車「御殿山駅」で人身事故が発生したとの情報が入ってきました。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。

Twitterには、人身事故発生当時についてのツイートが投稿されています。
中には「ホーム改札口の壁に穴」「ブルーシート被せてる」というリアルな当時の状況をツイートした投稿も…。

今回はTwitterに投稿されたツイートからどのような人身事故が発生したのかということについて調査しまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年4月17日(金)京阪電車「御殿山駅」で起きた人身事故の概要は?

2020年4月17日(金)午後0時32分頃。
京阪電車「御殿山駅」にて人身事故が発生しました。

では、どのような人身事故が発生したのか概要をみていきましょう。

今回注目している人身事故発生現場は「御殿山駅」でした。
Twitterに投稿された目撃情報によると、「御殿山駅」のすぐ近くにある踏切または駅のホームの端っこから飛び込んだのではないかとのこと。

飛び込みということは、自殺目的でしょうね…。

人身事故発生当時、該当車両に乗っていたユーザーによる投稿がありました。

運転手さんがかなり慌てていたとのこと。

おそらく運転手さんは人身事故を目の当たりにしたと思います。
かなりの動揺があったのではないでしょうか。

また、人身事故発生現場は悲惨な状態であったと言います。

Twitterに投稿された目撃情報によると、人身事故発生現場となった「御殿山駅」では京都側ホームの改札口の壁に穴が開いてしまったとのこと。

おそらく飛び込んだ人が電車に跳ねられ、壁に衝突したのでしょう…。

人身事故が発生したとの通報を受け、現場には警察や救急隊が駆けつけました。

そしてすぐに救出作業、現場検証が行われたと言います。

目撃情報によると、ブルーシートがかけられていたようですね。

救出作業や現場検証が行われている間以下の路線で運転が見合わせとなりました。

・京阪本線
・鴨東線
・中之島線

こちらの路線の全線で運転を見合わせることになったそうです。

午後2時45分頃に運転を再開させたとのこと。

スポンサーリンク

2020年4月17日(金)京阪電車「御殿山駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

人身事故発生当時、現場はどのような状況だったのでしょうか。
Twitterに投稿されたツイートから、当時の現場の様子をみていきましょう。

Twitterを調査してみると、人身事故発生当時の様子を撮影した画像が数多く投稿されていました。
駆け付けた警察や救急隊が踏切付近に居る様子が分かりますね。

なにか探しているようですが…、もしかすると体の一部とかでしょうか…。

このように現場には多くの人だかりができていたようです。

人身事故が発生したことで、一時複数の路線で運転が停止することになりました。

乗るはずだった電車に乗ることができなかった多くの人がこのように待っており、密集を避けたい今の時期ではありますが、多くの人で密集していたそうです。

スポンサーリンク

2020年4月17日(金)京阪電車「御殿山駅」で起きた人身事故の身元情報は?

今回注目している人身事故は、どうやら飛び込みによるものらしい。
飛び込みだったのであれば、自殺目的である可能性が高いでしょう。

一体どのような人物が自らの命を投げうってしまったのでしょうか。

なにか目撃情報がないかどうか調査してみましたが、どうやら身元情報が分かるような目撃情報は公表されていませんでした。

男性だったのか女性だったのか気になるところではありますが…。

もしかすると明日の地元の新聞にニュースとして載るかもしれません。

2020年4月17日(金)京阪電車「御殿山駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応を調査していきたいと思います。

Twitterにて反応を調査してみると、このように悲痛の声が投稿されていました。

「人身事故が多い」という声もありましたね。
新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出は控えるよう言われている中ではありますが、人身事故発生件数は一向に減る気配がありません。

今後増える可能性が高いということですが、なにか対策はないのでしょうか。

まとめ

4月17日(金)に京阪電車「御殿山駅」にて発生した人身事故について今回は気になる情報について今回はまとめていきました。

どうやら飛び込みだったようですね…。

新型コロナウイルスに感染する人の数、そして死者の数も増えています。
そして経済状況も悪化する一方です。

そんな中、人身事故発生件数は増え続けています。
ちょっといろいろ考えちゃいますよね…。

一体いつになれば私たちが安心して過ごせる日々が戻ってくるのでしょうか。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事