子役としてさまざまな作品に出演してきた鈴木梨央ちゃんが、
3月7日(木)に放送される「ぐるナイ」に出演することが決定しています。

「ぐるナイ」ではごちバトルに参戦!
そこで同じくゲストとして出演する
高畑充希さん、ごちメンバーである土屋太鳳さんに
演技についての質問をするんだとか。

そこで今回は、鈴木梨央ちゃんについて注目。

子役のときと比べ今はどうであるのかという比較もしていきます。

スポンサーリンク

鈴木梨央のプロフィール、経歴について

名前 鈴木梨央(すずきりお)
生年月日 2005年2月10日
出身地 埼玉県
身長 152cm
血液型 A型
職業 子役、タレント
所属事務所 ジョビィキッズプロダクション

鈴木梨央ちゃんが
芸能活動をスタートさせたのは、5歳のとき。

ドラマ「Mother(2010年)」で
圧倒的な演技を見せた
子役・芦田愛菜ちゃんに憧れ、
「芦田愛菜ちゃんのようになりたい!」と
思ったことがきっかけでした。

そして、

芦田愛菜ちゃんも所属する
ジョビィキッズプロダクションのオーディションを受け、
見事合格。

子役として芸能界で活動していくこととなりました。

デビュー作となったのは、
「カエルの女王さま(2012年)」でした。

その後大河ドラマ「八重の桜(2013年)」に出演し、
綾瀬はるかの幼少期を熱演し、
子役として注目を集めるようになります。

芦田愛菜ちゃんが主演を務め一世を風靡した
ドラマ「Mother」と同じスタッフが制作となった
「Woman(2013年)」では満島ひかりさんの娘役で出演。

「明日、ママがいない(2014年)」では
憧れの芦田愛菜ちゃんと初共演。

人気子役の共演に大きな話題となったことを
覚えている人は少なくないでしょう。

「お兄ちゃん、ガチャ(2015年)」では初主演。

連続ドラマ小説「あさが来た(2015年)」ではあさの幼少期を演じます。

大河ドラマ、朝ドラ、ともに幼少期を演じたのは鈴木梨央ちゃんだけです!

このように、多くの作品に出演し、そのたびに話題を集めてきました。
憧れの芦田愛菜ちゃんのような、名子役になったといって間違いないでしょう。

スポンサーリンク

子役時との比較、劣化した?

こちらの写真は、「八重の桜」に出演した8歳のときとなります。
かわいいですよね~!

時代劇の格好が似合う子は美人さんが多いと思います。
(私の個人的な意見です)

今、鈴木梨央ちゃんのメディアへの露出が目立ちます。
その理由は、2019年3月23日(土)公開の映画
「こどもしょくどう」で主演を務めるからです。
そう、いわゆる番宣ってやつです。

露出が増えている中で、言われているのが劣化です。

昔と比べかわいくなくなったと言われるのは、
子役あるあるでしょう。

鈴木梨央ちゃんは現在13歳の中学1年生です。
中学生くらいの女の子って、一番変化する時期ですよね。

「太った」という声もありますが、
確かにこのくらいの時期の女の子というのは、
少しぽっちゃりしてくる子が多い傾向にあります。

子役の子に対して劣化という言葉を使うのは、
ちょっと違和感があります。
劣化ではなく、成長過程ですよね。

昔と比べ太ってきたのは確かにですが、
成長途中なので許容範囲でしょう。

鈴木梨央ちゃんは大人びた顔立ちの美人さんなので、
成長するにつれ、もっと魅力的な女優さんになるはずです。

スポンサーリンク

通っている学校や両親について調べてみた

埼玉県川口市にある神根中学校に通っているという情報があります。

実はこちらの中学校、鈴木梨央ちゃんのお姉さんが通っているんです。
そのため、鈴木梨央ちゃんも通っていると言われているというわけ。

公立の中学校に通っているという情報は意外でした!

では、続いて紹介するのは、
鈴木梨央ちゃんの両親についてです。

5歳のときに「芦田愛菜ちゃんみたいになりたい!」という娘の背中を押し
、芸能事務所のオーディションを受けさせ、芸能活動をさせている両親。

ですが、特に両親についての情報はありませんでした。

元俳優で、とかそういうことではないようです。

情報が少ないので年齢について、
仕事はなにをしているのかなどは知ることができませんが、
子供の夢を応援する素敵な両親であることは間違いないでしょう。

まとめ

5歳のときに子役デビューし、今も活躍し続けている鈴木梨央ちゃん。

「学業を優先させるため」などの理由で辞めてしまう子が多い世界で、
今も頑張り続けている鈴木梨央ちゃんには、
今後も活躍していってもらいたいと思います。

劣化は、劣化ではなく、成長過程、美しくなる過程と思いましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事